Anker Roav DashCam A0 ドライブレコーダーの撮影動画 その3

Anker Roav DashCam A0 ドライブレコーダー

愛車トヨタノア80系のリア用ドライブレコーダーとして、『Anker Roav DashCam A0 ドライブレコーダー』を取り付けて1ヶ月が経過しました。

これまで『Anker Roav DashCam A0 ドライブレコーダー』の撮影動画(解像度設定:1080p 30FPS)に関する2つのエントリー記事をアップしてきました。

関連記事

Anker Roav DashCam A0 ドライブレコーダー愛車トヨタノア80系のリア用ドライブレコーダーとして、『Anker Roav DashCam A0 ドライブレコーダー』を取り付けて3週間が経過しました。先日アップしたエ[…]

Anker Roav DashCam A0 ドライブレコーダーの撮影動画
関連記事

Anker Roav DashCam A0 ドライブレコーダー愛車トヨタノア80系のリア用ドライブレコーダーとして、『Anker Roav DashCam A0 ドライブレコーダー』を取り付けて3週間が経過しました。その『Anker[…]

Anker Roav DashCam A0 ドライブレコーダーの撮影動画

Anker Roav DashCam A0 ドライブレコーダー撮影動画(720p 30FPS)

今回は『Anker Roav DashCam A0 ドライブレコーダー』で、解像度設定を「720p 30FPS」にして、昼間、トンネル内、夜間の3つのシチュエーションの撮影動画をアップしてみました。



Anker Roav DashCam A0 ドライブレコーダー撮影動画(720p 30FPS)について

今回『Anker Roav DashCam A0 ドライブレコーダー』の解像度設定は、前回、前々回の「1080p 30FPS」から「720p 30FPS」に変更してみました。

YouTubeにアップしたことで画質が悪くなっていますが、解像度設定を「720p 30FPS」にした場合、全体の様子については問題無く把握することができるのですが、ナンバープレートなど細かい部分を読み取ることが難しい状況となっています。

やはり解像度の設定はデフォルトの「1080p 30FPS」にした方が良いでしょう。

最後に

愛車トヨタノア80系には、標準でUVカット機能付プライバシーガラス(スモークガラス)が、スライドドア、リヤクォーター、バックドアの各ガラスに設定されています。

解像度設定を「720p 30FPS」にした場合のメリットは、micro SDカードの記憶容量削減だけでしょう。

やはり解像度設定はデフォルトの「1080p 30FPS」にした方が、後から撮影動画を確認する場合に安心できます。

と言う事で、解像度設定を「1080p 30FPS」にした上で、出来るだけ容量の多いmicro SDカードを選ぶのが良いでしょう。

今回のエントリー記事で、『Anker Roav DashCam A0 ドライブレコーダー』に関するエントリー記事は終了です。