Owltech ドライブレコーダー OWL-DR901W 撮影動画

Owltech ドライブレコーダー OWL-DR901W 撮影動画

Owltech ドライブレコーダー OWL-DR901W

愛車トヨタノア80系のリア用ドライブレコーダーとして、『Owltech ドライブレコーダー OWL-DR901W』を取り付けて1ヶ月が経過しました。

関連記事

愛車トヨタノア80系のドライブレコーダー環境昨年末に株式会社オウルテックのTwitterキャンペーンに応募して当選した『Owltech モニターレス Wi-Fi対応 12/24V対応 ドライブレコーダー OWL-DR901W』を、愛車ト[…]

ノア80にOwltech ドライブレコーダー OWL-DR901Wを取り付ける!

その1ヶ月間『Owltech ドライブレコーダー OWL-DR901W』は問題無く稼動しています。

ドライブレコーダーで一番気になるのは、撮影した動画の状態でしょう。

撮影した動画の画質が悪くて情報が得られてないと、ドライブレコーダーを装着している意味がありません。

そこで今回は『Owltech ドライブレコーダー OWL-DR901W』の撮影動画をチェックしていきたいと思います。

Owltech ドライブレコーダー OWL-DR901W 撮影動画

今回『Owltech ドライブレコーダー OWL-DR901W』のテスト用に3つの時間帯に分けて撮影動画を掲載してみました。

 

  1. 昼間の撮影動画(天候:晴天)

  2. 夕方の撮影動画(天候:曇り)

  3. 夜間の撮影動画(天候:曇り)

Owltech ドライブレコーダー OWL-DR901W 撮影動画について

編集してYouTubeにアップしたことで画質が多少悪くなっていますが、特に問題無く情報を認識することができています。

愛車トヨタノア80系には、標準でUVカット機能付プライバシーガラス(スモークガラス)が、スライドドア、リヤクォーター、バックドアの各ガラスに設定されており、そのプライバシーガラス(スモークガラス)を通しての撮影になります。

その状況でも問題無く撮影できていました。

最後に

撮影動画以外で気になった点は、起動時の音声案内のボリュームが小さく調整することができないことでしょう。

ワンボックスなどでの室内が広いタイプ車で、リアのドライブレコーダー用として設置した場合、音声案内が聞こえにくいと思いました。

これがフロントに設置した場合だと問題無いのでしょうが、出来ればリアに設置することを前提にボリュームをもう一段高くする設定が有ればと思った次第です。

気になったのはそれぐらいで他はかなり気に入っています。

横に長細いコンパクトな筐体、固定が磁石式なので本体の取り外しが簡単、ボタンが少なくて迷わない、スマホのアプリが使いやすいなど、特にリアの撮影にはお勧めのドライブレコーダーです!