【モノマックス】MonoMax2019年3月号の付録について

MonoMax(モノマックス)2019年3月号

今月号のMonoMax(モノマックス)2019年3月号は発売日に購入しました。

今回のMonoMax(モノマックス)は先月号の予告を見たときから「買う!」って決めてました。

いつもは1,000円以下で販売されているMonoMax(モノマックス)ですが、今月号はなんと1,200円(税込み)となります。

【モノマックス】MonoMax2019年3月号の付録について

MonoMax(モノマックス)2019年3月号の付録

MonoMax(モノマックス)2019年3月号の付録は、イタリアブランドの『Orobianco(オロビアンコ)』とのコラボ企画『オロビアンコ懐中時計』です。

MonoMax(モノマックス)初の懐中時計です。

【モノマックス】MonoMax2019年3月号の付録について

オロビアンコ懐中時計の仕様

それでは詳しく『オロビアンコ懐中時計』をチェックしていきます。

仕様は、

  • ケース径サイズ:4.6cm
  • チェーン長さ:37.5cm
  • 素材:亜鉛合金、鉄
  • 時間制度:平均月差±60前後(常温携帯時5℃~35℃)
  • 使用電池:ボタン型電池1個(SR626SW)
  • 電池寿命:約1年間(新しい正常な電池を組み込んだ場合)
  • 防水性能:日常生活防水(雨などの飛沫に耐えられる程度の防水性)
  • 生産国:MADE IN CHINA

となっています。

オロビアンコ懐中時計をチェックする!

それでは詳しく『オロビアンコ懐中時計』をチェックしていきます。

今回は懐中時計と言うことで、折り畳まれる心配は無くコンパクトに収納されていました。

【モノマックス】MonoMax2019年3月号の付録について

【モノマックス】MonoMax2019年3月号の付録について

【モノマックス】MonoMax2019年3月号の付録について

【モノマックス】MonoMax2019年3月号の付録について

これまで何年かMonoMax(モノマックス)を購入し続けていますが、懐中時計は兎も角時計としても始めてとなります。

画像を見て貰えれば分かるのと思うのですが、雑誌の付録とは思えないクオリティの有る懐中時計です。

裏面には『Orobianco(オロビアンコ)』のブランドロゴが刻印されており、一目で『Orobianco(オロビアンコ)』ブランドと言うのが分かります。

質感はマット調で安っぽさは無く高級感が感じられます。

【モノマックス】MonoMax2019年3月号の付録について

【モノマックス】MonoMax2019年3月号の付録について

表面は、蓋を閉じても時刻が分かるように中央部分が透明となっており(ハーフハンターケース)、その周りを時刻が分かるようにローマ数字が刻印されています。

【モノマックス】MonoMax2019年3月号の付録について

【モノマックス】MonoMax2019年3月号の付録について

【モノマックス】MonoMax2019年3月号の付録について

蓋を開くと、中央に『Orobianco(オロビアンコ)』のブランドロゴと、表面と同じくローマ数字が書かれています。

【モノマックス】MonoMax2019年3月号の付録について

【モノマックス】MonoMax2019年3月号の付録について

蓋の裏側も手を抜かずに綺麗な模様が刻印されています。

【モノマックス】MonoMax2019年3月号の付録について

懐中時計本体以外にチェーン(フック付き)も付属されています。

このチェーン(フック付き)も抜かりなくしっかりと作られています。

【モノマックス】MonoMax2019年3月号の付録について

フックが付いているお陰で、簡単にポケットに引っかけて固定することが出来るので安心です。

【モノマックス】MonoMax2019年3月号の付録について

最後に

【モノマックス】MonoMax2019年3月号の付録について

MonoMax(モノマックス)2019年3月号は、1,200円といつもよりも割高ですが、この『オロビアンコ懐中時計』は買いでしょう。

今までMonoMax(モノマックス)を購入してきて、一番の満足出来る付録だと思います。