MicroSIMカードを切断してNanoSIMカードとして使う

iPhone SE

次女のiPhone 6sが戻ってきたので、これまで仮のスマートフォンとして次女に使わせていたiPhone SEが余ることになります。

このiPhone SEは、先日のエントリー記事でもアップしましたが、バッテリー(互換品)を交換してサイドキーの不具合も解消されたので、全く問題無く使うことが出来ています。

そこで、自分がWi-Fi専用でサブ的に使っているFREETEL SAMURAI MIYABI 雅の代わりに、この余ったiPhone SEを使う事にしました。

FREETEL SAMURAI MIYABI 雅もそろそろバッテリーが危ないのと、Androidのバージョンも古くこれから使って行くには心配なことが多々有ります。

このFREETEL SAMURAI MIYABI 雅からiPhone SEへ乗り換えるにあたっての心配事は、画面が小さくなること位でしょうか。

と言っても、画面が小さいのは使っていくうちにそのうち慣れるでしょう。

iPhone SEをWi-Fi専用に使うにあたって

このiPhone SEは、当面Wi-Fi専用で使っていくので当然SIMカードは入っていません。

そのため画面左上には「SIMなし」と表示されてしまいます。

MicroSIMカードを切断してNanoSIMカードとして使う

SIMカードが無い場合の問題点としては、アクティベーション(ライセンス認証)が出来なくなる可能性があります。

アクティベーション(ライセンス認証)が出来ない場合、iOSのアップデートの時に正常に完了しない可能性が有ります。

それでは不味いので、その場合契約切れのSIMカードをiPhoneにセットしておくのが良いでしょう。

NanoSIMカードが必要になる

我が家で余っているSIMカードを確認したところ、余っていたSIMカード3枚とも全てMicroSIMカードタイプでした。

iPhone SEは、NanoSIMカードが必要とします。

MicroSIMカードをNanoSIMカードに変換するには、専用のSIMカッターを使いMicroSIMカードをカットしてNanoSIMカードのサイズにする方法が有ります。

Amazon.co.jpでそのSIMカッターを調べてみると1,000円以下で販売されています。安いタイプでは650円で販売されていました。

しかし、たった一回のためにSIMカッターを購入するのも勿体ない気がしたので、ここは手作業で行う事にしました。

要するにMicroSIMカードをNanoSIMカードのサイズにハサミで切れば良いわけです。

どうせ不要になったSIMカードなので失敗しても問題無いでしょう。

一応アクティベーション用のSIMカードもキャリア毎にAmazon.co.jpで販売されています。

MicroSIMカードをNanoSIMカードのサイズに切る

MicroSIMカードをNanoSIMカードのサイズに切るには、NanoSIMカードのサイズを知る必要があります。

そこで、Nano-SIM cutting guideのサイトページにアクセスします。

このページで「nanosima4.pdf - Cutting guide for A4 sized paper」のPDFファイルをダウンロードし印刷します。

MicroSIMカードを切断してNanoSIMカードとして使う

ダウンロードして印刷した「nanosima4.pdf - Cutting guide for A4 sized paper」に、手持ちのMicroSIMカードをセロハンテープで貼り付けます。

MicroSIMカードを切断してNanoSIMカードとして使う

後はハサミのマークに従って、ハサミで切っていけばOKです。

必要に応じてヤスリなどでSIMカードを成形します(自分は行っていません)。

無事NanoSIMカードのサイズに切断完了しました。

MicroSIMカードを切断してNanoSIMカードとして使う

切ったSIMカードを試す

切ったSIMカードをiPhone SEのSIMトレイにセットします。

MicroSIMカードを切断してNanoSIMカードとして使う

そして、iPhone SEを起動すると見事SIMを認識しました!(SIMカードの契約が切れているので圏外表示になります)

MicroSIMカードを切断してNanoSIMカードとして使う

特に難しい作業は無く、慎重にSIMカードをハサミで切っていけば完了します。

と言う事で、当面はこの状態でiPhone SEを使っていきたいと思います。

今後必要になったら格安SIMでも契約したいと思います。