相模屋の百式とうふを食す!

相模屋の百式とうふを食す!

百式とうふ

先日は相模屋の「ザクとうふ改」を開封して食しましたが、イオン食料品売り場で「ザクとうふ改」と同時に購入した「百式とうふ」を開封し食べてみたいと思います。

百式とうふとは?

「百式とうふ」の仕様はこちらです。

  • <名称> 充填とうふ
  • <原材料名>
    豆腐{大豆(遺伝子組換えでない)、豆乳クリーム / 凝固剤、消泡剤(グリセリン脂肪酸エステル)、(一部に大豆を含む)}
    ソース{炒めたまねぎペースト、小麦粉、とうもろこし油、砂糖、クリーミングパウダー、りんご濃縮果汁、水あめ、ローストガーリックシーズニング、香味料、チキンエキスパウダー、なたね油、食塩、たん白加水分解物、しょうがパウダー、香味料 / 調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工デ ンプン、キサンタン)、香料、着色料(ウコン色素、金)、香辛料抽出物、(一部に乳成分・小麦・大豆・鶏肉・りんごを含む)}
  • <内容量> 豆腐220g、ソース20g
  • <賞味期限> 製造日含めて30日間
  • <保存方法> 要冷蔵(1℃~10℃)
  • <製造者> 相模屋食料株式会社第三工場
  • <栄養成分表示> 百式とうふ1機 (豆腐200g、ソース20g)あたり
    エネルギー:163kcal
    たんぱく質:10.6g
    脂質:10.6g
    炭水化物:7.2g
    食塩相当量:0.86g
    分析機関:(公財)群馬県健康づくり財団

百式とうふのパッケージ

こちらが「百式とうふ」のパッケーになります。

相模屋の百式とうふを食す!

相模屋の百式とうふを食す!

やはり百式はこのカラーですよ。

しかも結構なパッケージの大きさとなっており、これまでの販売された豆腐の中で一番豪華なパッケージではないでしょうか。

これまで、相模屋のガンダムシリーズの豆腐は、

  • トリプル・ドムとうふ(2015年8月発売)
  • ビグ・ザムとうふ(2013年6月発売)
  • 鍋用!ズゴックとうふ(2012年10月発売)
  • ザクとうふ(2012年3月発売)

の4種類が発売されてきました。

今回「ザクとうふ改」「百式とうふ」が発売されたわけですが、「ザクとうふ改」は兎も角ガンダムを差し置いて「百式とうふ」が発売されたのは目の付けどころが違います!

百式とうふを開封する!

それでは「百式とうふ」を開封していきます。

相模屋の百式とうふを食す!

パッケージを開封すると百式ヘッドとソースが現れます。

相模屋の百式とうふを食す!

見事に百式の金色が表現されていて素晴らしいです!

相模屋の百式とうふを食す!

相模屋の百式とうふを食す!

相模屋の百式とうふを食す!

相模屋の百式とうふを食す!

ソースは金粉入りカレー風味ソースとなっています。

相模屋の百式とうふを食す!

裏側には百のマークが描かれています。

相模屋の百式とうふを食す!

百式とうふを食す!

それでは実際に「百式とうふ」を食べていきたいと思います。

相模屋の百式とうふを食す!

皿の上に百式ヘッドを載せます。

しかし、このとき若干崩れてしまいました。

次に金粉入りカレー風味ソースを皿に出します。

相模屋の百式とうふを食す!

次に金粉入りカレー風味ソースを塗るわけですが、我が家には適したハケ(筆)がありませんでした。

相模屋の百式とうふを食す!

仕方なく若干大きめで固いハケ(筆)で塗ることにしたのですが、全然思ったように塗ることができませんでした。

と言うことで、綺麗に塗るには細めで柔らかいハケ(筆)が必要で、もう一度リベンジしたいですね。

相模屋の百式とうふを食す!

食べた感想ですがカレー味の豆腐と言うことで、これまで味わったことのない豆腐と言うのが感想です。

ただ金粉入りカレー風味ソースのスパイシー感が強く、かなりカレーカレーしています。

そのためカレー風味ソースに豆腐が負けているって感じですね。

豆腐はスパイシー系よりもどちらかと言うと甘い系のソースの方が合うと思うのですが・・・自分的に・・・。

 

created by Rinker
¥3,100 (2020/07/05 07:11:31時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,999 (2020/07/05 07:11:28時点 楽天市場調べ-詳細)