今秋リリースのApple iOS 13/iPadOSの状況について確認する!

iPhone/iPad次期OSの「iOS 13」と「IPadOS」が発表される!

2019年6月3日、Appleは開発者会議「WWDC 2019」の場で、「iOS 13」と「iPadOS」を正式に発表しました。

「iOS 13」は、今iPhoneやiPadに搭載されている最新OS「iOS 12」の後継となるOSです。

Apple Newsroom

Apple today previewed iOS 13, introducing Dark Mode for iPho…

そしてもう一つの「iPadOS」とは、これまでiPadとiPhoneのOSは共通の「iOS]でしたが、今回の発表でiPad専用のOS「iPadOS」として独立し誕生することになりました。

Apple Newsroom

Apple today previewed iPadOS, the new operating system built…

「iPadOS」が誕生することで、これまで画面の広いiPhone的なiPadだったのが、広い画面を活かしたiPadに生まれ変わります。

と言う事で、iPadのOSの専用化により、iPadは使い勝手の向上に期待できるでしょう。

その「iOS 13」および「iPadOS」は今秋に正式にリリース予定となっています。

我が家のiPhone/iPadについて

そこで気になるのが、「iOS 13」と「iPadOS」がサポートされるiPhone/iPadです。

現在家族で使っているiPhone/iPadで「iOS 12」が搭載されているのは、

  • iPhone XR(長女用)
  • iPhone 6s(次女用)
  • iPhone SE(自分用)
  • iPad Air 2(家族用)
  • iPad Air(家族用)

の5機種となっています。

長女が使っているiPhone XRを除くとどれも古い機種ばかりとなっています。

iOS 13対応のiPhoneシリーズは?

今秋リリース予定の「iOS 13」がサポートされるiPhoneは、

  • iPhone 6s以降(iPhone SE含む)

となっています。

と言う事で、長女が使っているiPhone XRはもちろんですが、次女が使っているiPhone 6s、自分が使っているiPhone SEも対象になると言うことで一安心です。

iPadOS対応のiPadシリーズは?

次に、今秋リリース予定の「iPadOS」がサポートされるiPadは、

  • iPad Air 2以降
  • iPad mini 4以降
  • iPad(第5世代)以降
  • iPad Proの全モデル

となっています。

残念ながら初代iPad Airは「iPadOS」の対象から外れてしまいました。

それでもiPad Air 2は「iPadOS」の対象として残っています。

最後に

今回、初代iPad Airが「iPadOS」の対象から外れてしまいましたが、iPhone6s、iPhone SE、iPad Air 2の3機種が次期OSを搭載できると言うことで安心しました。

しかし、iPhone6s、iPhone SE、iPad Air 2は、「iOS 13」および「iPadOS」まででしょうね。

なお、第7世代iPod touchも「iOS 13」の対象となります。

「iOS 13」および「iPadOS」の開発者向けプレビュー版は既に提供されており、パブリックベータ版も近いうちに提供が開始されるようです。