AUKEY Micro USBケーブル 2m CB-D9をドラレコに配線する!

AUKEY Micro USBケーブル 2m CB-D9をドラレコに配線する!

先日購入した『AUKEY Micro USBケーブル 2m CB-D9』を、『Anker Roav DashCam A0 ドライブレコーダー』に接続したいと思います。

AUKEY Micro USBケーブル 2m CB-D9をドラレコに配線する際の問題点

仮で使っていたmicro USBケーブルの径が細かったので、リアハッチバックのウェザーストリップ内に隠すことが出来たのですが、今回購入した『AUKEY Micro USBケーブル 2m CB-D9』の径が太いので、リアハッチバックのウェザーストリップ内に隠すのに抵抗があります。

車の配線をきれいに!コードレールを使う

そこでAmazon.co.jpで購入した愛工房の『車の配線をきれいに!コードレール』の出番です。

この『車の配線をきれいに!コードレール』をリアハッチバックのウェザーストリップに沿って貼り付けます。

貼り付けた『車の配線をきれいに!コードレール』に、ケーブル『AUKEY Micro USBケーブル 2m CB-D9』を固定します。

AUKEY Micro USBケーブル 2m CB-D9をドラレコに配線する!

AUKEY Micro USBケーブル 2m CB-D9をドラレコに配線する!

但し、上の方は布状の素材になっているので『車の配線をきれいに!コードレール』を貼り付けることができません。

AUKEY Micro USBケーブル 2m CB-D9をドラレコに配線する!

TRUSCO スパイラルチューブ TSP-4(BK)を使う

そこで『車の配線をきれいに!コードレール』で固定出来ないケーブル『AUKEY Micro USBケーブル 2m CB-D9』部分は、手持ちの『TRUSCO スパイラルチューブ TSP-4(BK)』を使って保護しておきます。

AUKEY Micro USBケーブル 2m CB-D9をドラレコに配線する!

AUKEY Micro USBケーブル 2m CB-D9をドラレコに配線する!

同様に下側の固定出来ないケーブル『AUKEY Micro USBケーブル 2m CB-D9』部分も、手持ちの『TRUSCO スパイラルチューブ TSP-4(BK)』を使って保護します。

AUKEY Micro USBケーブル 2m CB-D9をドラレコに配線する!

最後に

これで、『AUKEY Micro USBケーブル 2m CB-D9』を使っての配線が完了し、『Anker Roav DashCam A0 ドライブレコーダー』を改めて使う事ができるようになりました。

AUKEY Micro USBケーブル 2m CB-D9をドラレコに配線する!

AUKEY Micro USBケーブル 2m CB-D9をドラレコに配線する!

AUKEY Micro USBケーブル 2m CB-D9をドラレコに配線する!

当面はこの状態で使って、何か不都合等が有れば改めて改善したいと思います。

一つ、愛車トヨタノア80系に『Anker Roav DashCam A0 ドライブレコーダー』を設置して気になったことが有って、それは吸盤が弱いこと。

吸盤を貼り付ける部分をきちんと脱脂しているにも拘わらず、翌日には吸盤が外れて『Anker Roav DashCam A0 ドライブレコーダー』が落下していることが度々発生しているのです。

と言う事で、このままでは肝心の時に『Anker Roav DashCam A0 ドライブレコーダー』が役に立たない可能性も有るので、この件については、Ankerに問い合わせしてみます。