【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22 レビュー記事

この度、M-SOUNDS(@MSOUND_JP)様より、2021年2月19日に発売されたばかりのワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW22」をご提供頂きました。

と言うことで、このワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW22」のレビュー記事を書いてみました。

M-SOUNDSについて

「M-SOUNDS(エムサウンズ)」とは、

  • M-SOUNDS(エムサウンズ)は、株式会社エム・エス・シーが2017年7月に立ち上げたオーディオ関連製品のブランドです。
  • M-SOUNDSのMはMirai(ミライ)を表し新しいミライのミュージックライフを提供するブランドです。
  • 「音楽をより快適に、 より身近に」をコンセプトとし、音だけでなく使い勝手の部分にもこだわった製品を提供します。

「M-SOUNDS(エムサウンズ)」はオーディオ製品に特化したブランドです。

我が家の場合、Twitterの懸賞で当てたMS-TW3WSをメインのワイヤレスイヤホンとして自分が使い、長女がエントリーモデルのMS-TW1BK、次女が同じくエントリーモデルのMS-TW1WHを使っています。

M-SOUNDSのワイヤレスイヤホンは我が家では欠かせません!

M-SOUNDS MS-TW22

今回、2021年2月19日発売されたワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW22」は、4カラーがラインナップされています。

  1. MS-TW22BG / Jet Black×Gold(ジェットブラック×ゴールド)
  2. MS-TW22NV / Midnigth Blue×Navy(ミッドナイトブルー×ネイビー)
  3. MS-TW22PG / Cream Pink×Rose Gold(クリームピンク×ローズゴールド)
  4. MS-TW22WG / Milky white×Gold(ミルキーホワイト×ゴールド)

ワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW22」の特徴は

  • アクセサリーのようなイヤホン
  • 業界最小・最軽量クラスを実現
  • 聞き疲れしにくいイヤホン設計
  • 音飛びを防ぐ先進技術
  • 2種類のイヤーピース付属
  • 簡単ペアリング
  • 相当の防水・防塵仕様IP54
  • 髪やマスクにひっかかりづらい

となっています。

また、ワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW22」の仕様は、

  • 【内蔵電池(イヤホン・充電ケース)】リチウムポリマー電池
  • 【最大使用時間】音楽再生 : 約8時間(※aptXコーデックを使用した場合再生時間は3割程度短くなります) 通話 : 約5時間、待受 : 最大120時間 充電ケース使用時 最大音楽再生 : 約32時間
  • 【充電時間】充電ケース : 約2時間 イヤホン:約1.5時間
  • 【内蔵バッテリー容量】充電ケース:容量:460mAh / 密度:360WH/L イヤホン:容量:50mAh
  • 【ドライバーユニット】ダイナミック型 φ6mm
  • 【音圧感度】90dB±3
  • 【入力インピーダンス】16Ω
  • 【再生周波数】20Hz-20000Hz
  • 【通話方式】ステレオ方式
  • 【マイク感度】-42dB±3
  • 【防水性能】IP54相当の防水・防塵仕様
  • 【サイズ・重量】充電ケース:W42×D42×H35mm・ 約28g /  イヤホン:W15.8×D24×H26mm(イヤーピースM 装着時)約4g(片方のみ)
  • 【通信方式】Bluetooth Ver.5.1 Class2
  • 【周波数範囲】2.4GHz
  • 【通信距離】約10m(使用環境によって異なります)
  • 【対応コーデック】SBC / AAC / aptX
  • 【登録可能端末数】最大4台
  • 【デバイス名】MS-TW22
  • 【ペアリングコード】0000
  • 【対応Bluetoothプロファイル】A2DP(オーディオ)、AVRCP(リモートコントロール) HFP(ハンズフリー)、HSP(ヘッドセット)
  • 【保証期間】1年(保証期間内はあんしん補償サービス付き)
  • 【付属品】充電用USB(TypeC-TypeA)ケーブル / ハイブリッドイヤーピース ショート(S/M/L) / Ag⁺抗菌材入りイヤーピース(S/M/L)

となっています。

詳しくは、ワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW22」のウェブサイトでご確認下さい。

M-SOUNDSのMはMirai(ミライ)を表し新しいミライのミュージックライフを提供するブランドです。「音楽をより快適…

ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22が届く

M-SOUNDS(@MSOUND_JP)様よりご提供頂いたワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW22」が届きました。

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

今回ご提供頂いたワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW22」は、ミルキーホワイト×ゴールドカラーの「MS-TW22WG / Milky white×Gold」です。

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

ワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW22」のパッケージです。

立方体の形状で、角に配置されたイヤホン本体を見せるパッケージが格好いいです。

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

それでは開封していきます。

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

パッケージ内部はイヤホン本体&充電ケースとその他付属品の二つに分かれています。

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

その他付属品が入っている箱には、

  1. 充電用USB(TypeC-TypeA)ケーブル
  2. ハイブリッドイヤーピース ショート(S/M/L)
  3. Ag⁺抗菌材入りイヤーピース(S/L)
  4. MS-TW22リファレンスガイド
  5. MS-TW22クイックスタートガイド

が入っていました。

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22をチェックする

ワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW22」をチェックしていきます。

付属品をチェックする!

今回のワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW22」に限らずM-SOUNDSのリファレンスガイドとクイックスタートガイドは、非常に分かりやすく書かれており安心して使うことができます。

ワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW22」の付属のUSBケーブルはType-C仕様となっています。

充電ケーブルがUSB Type-C仕様になったお陰で、表裏を気にせずに刺せるのが良くなりました。

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

イヤホン本体にMサイズの「ハイブリッドイヤーピース ショート」が装着済みで、それ以外の「ハイブリッドイヤーピース ショート(Sサイズ、Lサイズ)」は小袋に収められています。

この「ハイブリッドイヤーピース ショート」は、-15dBの高い遮音性が実現されています。

この「ハイブリッドイヤーピース ショート」を一つとっても素晴らしいイヤーピースです。

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

また、「Ag⁺抗菌材入りイヤーピース(S/M/L)」も付属しており、このご時世Ag⁺抗菌材入りと言うことで安心して使うことができます。

なお、「Ag⁺抗菌材入りイヤーピース(S/M/L)」のカラーはブラックとなります。

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

2種類のイヤーピースを自分の好みのサウンドや装着感、シチュエーションなどで使い分けることが出来ます。

イヤホン本体をチェックする!

次にワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW22」のイヤホン本体をチェックしていきます。

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

今回ご提供頂いたカラーは「Milky white×Gold(ミルキーホワイト×ゴールド)」となります。

これまでホワイトのワイヤレスイヤホンは各メーカー色々と発売されていますが、ミルキーホワイトはあまり見ないカラーです。

このミルキーホワイトは一般的なホワイトと比べると落ち着いたオフホワイトのカラーで安っぽさは感じられません。

特に女性が装着すると綺麗に見せてくれるカラーだと思います。

自分的にはこの「Milky white×Gold(ミルキーホワイト×ゴールド)」以外に、「Midnigth Blue×Navy(ミッドナイトブルー×ネイビー)」もかなり気になりました。

「Midnigth Blue×Navy(ミッドナイトブルー×ネイビー)」は真っ黒は嫌だけど、濃いカラーが好みと言う方にはピッタリなカラーだと思います。

イヤホン本体の直径は15mm、重さ4gと言うことで、耳にも負担が掛からないワイヤレスイヤホンとなっています。

装着時には耳からはみ出す面積が少なくなっており、ピアスなどの装飾品を身につける女性にとっては邪魔になりにくい形状となっています。

MFBボタンはゴールドカラーで、このMFBボタンの形状も単純に丸ではなく楕円形のようなデザインされた形となっています。

そのMFBボタンの上側にLEDインジケーターが備わっており、そのLEDインジケーターでイヤホン本体の状況や操作を確認することができます。

イヤホン本体の充電端子は丸形状が2個とこちらもきちんとデザインされています。

これまで使ってきたM-SOUNDSのワイヤレスイヤホンと大きく違うところとして、イヤーピース装着部分のノズルが長い形状(3D ロングノズル)となっています。

これにより耳の装着感が増しています。

このイヤホン本体をチェックする限り、女性がワイヤレスイヤホンを使うためによく考えられた構造と言うのがよく分かります。

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

充電ケースをチェックする!

続いてワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW22」の充電ケースをチェックしていきます。

充電ケースのサイズは、W42×D42×H35mmで、重さは28gと非常にコンパクトで軽量です。

コンパクト過ぎて無くさないか不安になるぐらいです(笑)

充電ケースはほぼ立方体の形状をしており、パッと見た目ワイヤレスイヤホンの充電ケースには見えません。

今回の「Milky white×Gold(ミルキーホワイト×ゴールド)」の充電ケースは、上側がゴールド、下側がミルキーホワイト、そして下側の縦ラインのデザインとまるで指輪や宝石が入っているボックスを思わせます。

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

天面中央にM-SOUNDSのロゴが描かれています。

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

底面です。

底面にも仕様等の記載が一切無く、このあたりデザイン重視で割り切っている方向性が良いと思います。

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

フロント側に4個のLEDインジケーターが備わっています。

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

リア側にType-C仕様のUSB入力端子が備わっています。

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

デスクなどにちょこんと置いておくだけでも十分に飾りとなる充電ケースでしょう。

ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22を使ってみる

ワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW22」を実際に使う前に充電を行います。

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

充電ケースのフロント側にある4個のLEDインジケーターによって現在の充電ケースのバッテリー残量が分かる仕組みとなっています。

  1. LEDの点灯が無い場合は電池残量0%
  2. LEDが1灯のみ点滅の場合は電池残量1~5%
  3. LEDが1灯のみ点灯の場合は電池残量6~25%
  4. LEDが2灯点灯の場合は電池残量26%~50%
  5. LEDが3灯点灯の場合は電池残量51%~75%
  6. LEDが4灯全部点灯の場合は電池残量76%~100%

充電が完了すると4個のLEDインジケーターは青色に常時点灯します。

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

また、イヤホン本体充電中は右側イヤホン、左側イヤホンに対して、LEDインジケータの1灯目、2灯目が点灯する仕組みです。

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

充電ケースの蓋を開けた状態です。

内部もミルキーホワイトカラーとなっており優しい雰囲気を醸し出しています。

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

充電ケースにイヤホン本体を収めた状態です。

右側が右イヤホン本体専用の収納場所、左側が左イヤホン本体専用の収納場所と固定になっているため逆に収納することはできません。

特に問題無くイヤホン本体をスムーズに取り付け取り外しすることができます。

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

イヤホン本体に充電中は、イヤホン本体のLEDインジケーターが点灯します。

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

ワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW22」の装着感ですが、これまでのワイヤレスイヤホンと比べて耳の奥までしっかりと刺さることで安心感はかなり高いでしょう。

またそれに伴いこのワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW22」を装着しているだけで、かなり遮音性があります。

耳への負担も少なく装着感に関しては、かなり素晴らしい部類のワイヤレスイヤホンになると思います。

使用時間については連続約8時間で、充電ケース併用で最大約32時間の使用が可能となっており十分長時間使うことができます。

また、15分充電で約1.5時間使用できるクイックチャージに対応しており、急な電池切れの際も安心です。

ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22のサウンドについて

ワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW22」のサウンドについてですが、低音・中音・高音の全体のバランスの良い、聴いていて疲れにくいサウンドを奏でてくれます。

非常に心地良いサウンドだと思います。

今回も主に森口博子の曲をテストとして聴いたのですが、森口博子のヴォーカルがスッーと入ってくる心地よさを常に感じました。

遮音性の良いワイヤレスイヤホンなので、外出時の比較的五月蠅い場所での使用にもピッタリです。

通話のテストを行いましたが、相手の声もハッキリと聞き取れることができ、またこちらの声も相手側に問題無く通じており通話に関しても問題ありません。

無線の接続については、良好で途切れることはありませんでした。

最後に

高校生の次女に試してみて貰いましたが、耳へのフィット感も上々で音質もかなり気に入っていました。

【レビュー記事】ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW22

大学生の長女は、イヤホン本体のフィット感や音質以上に充電ケースの可愛らしいスタイルがかなり気に入っていました。

女性の方でワイヤレスイヤホン選びを迷っている方に対して、このワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW22」をお薦めします。

これからの女性のためのワイヤレスイヤホンのスタンダードなり得るワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW22」だと感じました。

自分のような男性にも「MS-TW22PG / Cream Pink×Rose Gold(クリームピンク×ローズゴールド)」以外のカラーを選べば問題無く使うことができるでしょう。

現に今回の「Milky white×Gold(ミルキーホワイト×ゴールド)」を自分が使っても違和感は感じられません。

このワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW22」、奥さんや彼女、そして音楽好きな女の子の誕生日などのプレゼントとして最適だと思います。

ワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW22」の発売を記念して2021年6月30日までの期間「ハイブリッドイヤーピース ショート (S/M/L)」がプレゼントされる「⼝コミを投稿して、ハイブリッドイヤーピースショートをもらおうキャンペーン」が開催されています。

なお、プレゼント品がなくなり次第終了となりますので希望される方は早めに購入されることをお薦めします。

詳しくはこちらのサイトでご確認下さい。

PC周辺機器の総合卸商社エム・エス・シー

-交換用イヤーピースがもらえるお得なキャンペーンも開催中- 詳細URL https://www.m-sounds.jp/…

おまけ

次女に試させたのが運の尽きで、音質、フィット感、操作感などかなり気に入ったようで次女の誕生日も重なって強制的に取られてしました(笑)

自分は、ワイヤレスイヤホン「M-SOUNDS MS-TW3WS」が有るから大丈夫!

それとも自分用に「MS-TW22NV / Midnigth Blue×Navy(ミッドナイトブルー×ネイビー)」を買うかな。

 

created by Rinker
M-SOUNDS
¥7,920 (2021/04/17 19:12:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
M-SOUNDS
¥7,920 (2021/04/17 19:27:30時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
M-SOUNDS
¥7,920 (2021/04/17 19:12:04時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
M-SOUNDS
¥7,920 (2021/04/17 19:12:05時点 Amazon調べ-詳細)