DIME 2021年1月号付録 8.5インチLCDデジタルメモパッドについて

DIME 2021年1月号付録 8.5インチLCDデジタルメモパッドについて

DIME 2021年1月号

今月号のDIME(DIME 2021年1月号)は発売前から人気が高く、アマゾンや楽天などのネットでは既に予約時点で売り切れてしまっているため購入することが出来ません。

そのためネットでは購入できないので店頭で購入する必要があります。

広島では雑誌発売日2日後に発売されていることが多いのですが、発売日翌日17日に本屋に行くと有りました!

と言うことで、無事DIME 2021年1月号を購入することができました!

DIME 2021年1月号付録 8.5インチLCDデジタルメモパッドについて

DIME 2021年1月号の付録

DIME 2021年1月号の特別付録は『8.5インチ LCDデジタルメモパッド』です。

DIME 2021年1月号付録 8.5インチLCDデジタルメモパッドについて

DIME 2021年1月号付録 8.5インチLCDデジタルメモパッドについて

8.5インチ LCDデジタルメモパッドとは?

『8.5インチ LCDデジタルメモパッド』は、デジタル形式のメモ帳です。

作業中にメモしたくなったり、電話中のメモや家族への伝言など文字として残したいときに紙に書いて残すのが普通ですが、これらをデジタル形式のメモパッドで残すアイテムです。

この『8.5インチ LCDデジタルメモパッド』の書き換え回数は最大10万回書き換えが可能です。

8.5インチ LCDデジタルメモパッドをチェックする!

それでは『8.5インチ LCDデジタルメモパッド』をチェックしていきます。

流石に雑誌の付録と言うこともあって安っぽさは否めません。

それでもデジタルメモパッドはデジタルメモパッドです。

板面のサイズは8.5インチで、実際に測ってみると約横12.4cm×縦17.5cmでした。

筐体のサイズは、約横14.5cm×縦22.5cmです。

DIME 2021年1月号付録 8.5インチLCDデジタルメモパッドについて

付属のペンは上側に納められており、そのペンに唯一DIMEのロゴが記されています。

DIME 2021年1月号付録 8.5インチLCDデジタルメモパッドについて

下側中央に唯一のボタンである消去ボタンが備わっています。

DIME 2021年1月号付録 8.5インチLCDデジタルメモパッドについて

その右側にストラップを通す穴が施されています。

DIME 2021年1月号付録 8.5インチLCDデジタルメモパッドについて

背面です。

DIME 2021年1月号付録 8.5インチLCDデジタルメモパッドについて

背面の下側にはロックボタンが備わっており、板面上の文字や絵を残したいときにロックに切り替えます。

DIME 2021年1月号付録 8.5インチLCDデジタルメモパッドについて

下側の側面にはボタン電池(CR2025)が格納されており、ボタン電池(CR2025)を交換するには小さなネジを外して交換します。

DIME 2021年1月号付録 8.5インチLCDデジタルメモパッドについて

DIME 2021年1月号付録 8.5インチLCDデジタルメモパッドについて

8.5インチ LCDデジタルメモパッドを使ってみる

『8.5インチ LCDデジタルメモパッド』の板面は常時オンになっており、付属のペンですぐに書ける仕組みです。

DIME 2021年1月号付録 8.5インチLCDデジタルメモパッドについて

意外とペン先は柔らかく描き心地は非常にスムーズです。

DIME 2021年1月号付録 8.5インチLCDデジタルメモパッドについて

この描き心地はだと文字以外にも絵心がある人は色々と描けると思います。

DIME 2021年1月号付録 8.5インチLCDデジタルメモパッドについて

DIME 2021年1月号付録 8.5インチLCDデジタルメモパッドについて

最後に

雑誌の付録にLCDデジタルメモパッドが付いたことに先ずビックリです。

そして、今回この『8.5インチ LCDデジタルメモパッド』を一番良く使っているのは高校生の次女です。

高校生の次女の『8.5インチ LCDデジタルメモパッド』活用法は、勉強をする際の計算式や答え、覚え書きなどを書いて直ぐに消せることで勉強が捗るとのこと。

これまでは何枚の不要な紙を使っていたので、これらの紙の準備する手間や処分する手間などが省けるとのこと。

難点は一部だけを消すことができないことだそうです。

家庭や仕事場に1個有ると便利に使える『8.5インチ LCDデジタルメモパッド』です。

来月号(2021年2月号)の付録は、コンパクト撮影スタジオと言うことで、こちらも是非手に入れたいところです!