愛車トヨタノア80系のキズ消し用にソフト99液体コンパウンド購入

愛車トヨタノア80系のキズメンテナンス

愛車トヨタノア80系も納車から2年が経過すると、いつの間にか付いた知らないキズが出てきています。

走行しているので、ある程度のキズであれば仕方ないところですが、消せるキズは消しておきたいところ。

ただ、愛車トヨタノア80系にはコーティングが施されているので、あまり磨きたくないのですが・・・。

と言う事で、今後のためにAmazon.co.jpで液体コンパウンドを購入しておきました。

ソフト99 液体コンパウンド トライアルセット 193

色々と迷って、今回購入した液体コンパウンドは、ソフト99コーポレーション ボディ・パンバー用 キズ消しから鏡面仕上げまでできる『液体コンパウンド トライアルセット 193』です。

愛車トヨタノア80系のキズ消し用にソフト99液体コンパウンド購入

愛車トヨタノア80系のキズ消し用にソフト99液体コンパウンド購入

内容は、研磨力の異なる3種の液体コンパウンドがセットなっています。

塗装面の浅いキズ消しから超鏡面仕上げまででき、キズ消し用→仕上げ用→超鏡面用の3ステップで仕上げることができます。

その3種の液体コンパウンドの内容は、

○キズ消し用 3000 平均粒子サイズ 3マイクロメートル

・補修塗装の磨き跡を消す。
・塗装面のザラツキや洗車キズを消す。

○仕上げ用 7500 平均粒子サイズ 1マイクロメートル

・キズ消し用を使用した後の磨き跡を消す。
・補修塗装の仕上げ、つや出し。

○超鏡面用 8900 平均粒子サイズ 1マイクロメートル以下

・塗装面の超鏡面仕上げ。
・黒や濃色、メタリック、マイカ塗装の最終仕上げ。

となっています。

パッケージ裏に書かれたワンポイントアドバイスには、

小キズを消す場合、「キズ消し用」から磨くのではなく「超鏡面用」から磨きはじめ、キズが消えなければ「仕上げ用」、それでも消えなければ「キズ消し用」と粒子を粗くしていき、キズが消えてきたら「仕上げ用」→「超鏡面用」の順で磨いていくと、ボディーに不要なダメージを与えず、より綺麗に仕上がります。

と書かれていました。

最後

今回購入したソフト99の『液体コンパウンド トライアルセット 193』は、今のところ使う予定はありませんが、いざと言うこときのためにストックしておくことにします。