自動車盗手口 リレーアタックの対策を行う!

自動車盗手口 リレーアタック

スマートキーの機能を悪用し自動車を盗む手口が確認されています。

スマートキーは自動車の鍵穴にキーを差し込まなくても、自動車から出る微弱な電波をスマートキーが受信し、ドアを解錠したりエンジンを掛けることが出来る便利なシステムです。

そのシステムを悪用した自動車盗手口とは、自動車から出る微弱な電波とスマートキーから出る微弱な電波を中継するための特殊なシステムを使い、解錠する方法で「リレーアタック」と呼ばれています。

トヨタのハイブリット車プリウスなど、「リレーアタック」で盗まれる被害が拡大しており注意を呼び掛けられています。

自動車盗手口 リレーアタック対策

「リレーアタック」に対して、家の中などに置いているスマートキーの電波を遮断するための対策を施します。

その方法としては、スマートキーをアルミで覆って電波を遮断する方法や、電波を遮断することが出来る専用のポーチに保管する方法が有ります。

また、スマートキーには微弱な電波そのものを発信しないようにする「節電モード」が用意されている場合が有ります。

その「節電モード」に切り替えておくことで「リレーアタック」の対策になります。

スマートキー 節電モード切替手順(トヨタ車)

トヨタ車の場合の「節電モード」の切り替え方法は

スマートキーで一旦ロックを行います。

ロックボタンを押した状態でアンロックボタンを2回押します。

自動車盗手口 リレーアタックの対策を行う!

これによりスマートキーのLEDが点滅し、スマートキーから電波そのものを発信しなくなります。

「節電モード」から解除するには、何かスマートキーのボタンを押せば解除されます。

「節電モード」の状態では、スマートキーから電波を発信しないので「リレーアタック」は通じなくなります。

最後に

設定が面倒と言えば面倒なのですが、取りあえず「リレーアタック」対策にはなるでしょう。

簡単なのは電波を遮断する専用のポーチなどに保管する方法ですね。

通常スマートキーは2個あるので、そのうち1個は予備用として保管している場合は、この設定を行うことで電池消耗対策にもなるでしょう。